薬アレルギー.com

メイン画像

薬アレルギー.com

薬物アレルギーとは

アレルギーは、体内に入った異物を排除するために、免疫機能が過剰に反応した結果、体になんらかの症状が出ることをいいます。

アレルギーを起こす原因となる物質は、人によりさまざまで、食べ物、花粉、ダニ、ペットなどがよく知られていますが、薬にアレルギー反応を起こす人も多くみられます。

スポンサードリンク


薬物アレルギーは、服用した薬にアレルギー反応が起こり、発疹やじんましんなどの症状があらわれます。

他のアレルギーと同じように、体内に入ってきた薬を異物と認識し、それを排除するための免疫機能が過剰に反応して湿疹などの症状が起こります。どの薬がアレルギーの原因になるかは、人によって異なります。

飲み薬だけではなく、塗り薬や注射でも薬物アレルギーの症状が出ることがあります。

一度アレルギー症状が出た薬の使用は、特に注意が必要です。ほんの少しでもその薬が体内に入れば、再びアレルギーの症状を引き起こしてしまうからです。

アレルギー症状が出たら、必ず服用した薬の名前をメモしておき、病院に相談しましよう。発疹やじんましん程度なら回復するのも早いのですが、症状によっては、呼吸困難や痙攣といった重篤な症状を引き起こし、命の危険にかかわることもあります。薬は、じゅうぶん注意して服用しましよう。

薬物アレルギーの症状

薬物アレルギーの症状で最も一般的なのが、湿疹やじんましん、目のかゆみなどの皮膚に起こるトラブルです。

皮膚のかゆみは人によって症状が異なり、多少かゆいかなという軽度のものから、全身に湿疹が発生し、黒く変色したり皮膚が剥がれるなどの重症の人まで、さまざまです。

薬物アレルギーが皮膚にあらわれると、かゆみ以外にもむくみや浮腫、さらに紫外線に当たって発疹が発生する症状などもあります。

皮膚以外では、内臓に症状が出る場合もあります。肝臓や腎臓の機能障害、胃腸障害などの症状が起こります。

その他には気管支炎や発熱、そして命に関わるといわれるアナフィラキシーショックがあります。

アナフィラキシーショックとは、急性のアレルギー反応で、血圧が急激に下がり呼吸困難を引き起こします。ひどい場合は死に至るケースもあるので、薬物アレルギーの中では最も注意を要する症状です。

また、薬物アレルギーが喘息や声帯の腫れを引き起こし、呼吸困難に陥ったり、消化器官に働きかけて、嘔吐や下痢などの症状が出ることもあります。

アレルギー反応は薬を服用した直後に現れる場合もあれば、時間がたってからあれわられることもあり、その症状も人によって様々です。アレルギーの心配のある人は、飲んですぐに症状が現れなくても、翌日まで様子を見守るようにしましょう。


更新履歴

薬薬物アレルギーが起こりやすい薬

アレルギー症状の中には、命に関わるアナフィラキシーショックを起こしやすい薬剤もあります。合成副腎皮質刺激ホルモン、解熱鎮痛剤局所麻酔剤、造影剤もアレルギー体質の人は慎重に摂取しなければならない薬です。


詳しくはこちら

葉っぱを持つ手薬物アレルギーを防ぐには

薬物アレルギー予防のために、薬物アレルギーの症状が一度でも現れたことのある人は、忘れずに医師や薬剤師にそのことを報告し、同じような薬を調合してもらわないようにする必要があります。



詳しくはこちら

困り顔薬物アレルギーと副作用

薬物アレルギーが原因で薬の副作用が表れる場合もあれば、薬の副作用としてアレルギーに似た症状が起こることもあります。特に抗炎症薬や造影剤などを使用した場合にはこのような副作用が現れることが多いのです。


詳しくはこちら

Sponsored Link

Google PageRank